なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

「予想」は当たらないとつまらない

いよいよ今夜は(って日付変わるけど)オリンピックの女子サッカーの決勝戦(日本×アメリカ)で、それを予想しないとというところではあるんですが、最近ここに来て断易外しまくっているので「パス」してちょっと違うことを書いてみたい。

Twitterでもつぶやいたんだけど、僕はどうやら「占い好きなのではなく」、「予想をするのが好き」な人間であるらしい。なのでその手段は占いにこだわらず、今では仕事の一部になっているデータ分析でも構わない。要は、

隠された事実(過去でも未来でも)を明らかにしたい

多分これなんだな。

これまでも何冊か統計の本を買ったりしたのだけど(しかし、専門書ってのは高いね!)、難しい数式の羅列でなかなか平易に解説している本はなかったりして、今回もまたこの本をはじめとして何冊か購入。仕事でも使うけど、半分は趣味の世界だね、これは。

ちょっと前のブログで、競艇の勝敗を断易で占おうとしたけど全然だめで、考えれば(考えなくてもわかるけど)実は競艇のことほとんどわかっていなくて、それでこの本も購入。ざっと読んだけど本当に基本的なことからいろんなレース秘話とか予想の勘所までに話題が及んで大いに参考になった。占いもいいけど、データ分析での予想もいいなと思ったり。もう10年以上前に一度、ナンバーズ4を当てたことがあったけど、そのときも我流のわけのわからない理論(?)で予想したのだった。尤もそのときは当たったという思い込みも相当強かったので、そういう現実を引き寄せた、という可能性もなきにしもあらずだが。

ともあれ他にも何冊か本を買ったので、この週末は読書三昧になりそう。時折息抜きにネットでボートレースの観戦とシャレ込むかな?