なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

シータヒーリング

今更でもないけどずっと前から精神世界(スピリチュアル系)に興味があって、本を読んだり、若い頃にはセミナーなんかもよく行っていた。

ここ10数年はひとまず忘れて真面目に仕事をしていたけど、それでもヘミシンクとか面白そうなものをみつけると本を買ったり、CDを聞いてみたりとか。人間誰しもそう思うように幸運であるのに越したことはないから、どうすればそれが叶うのかということをここ最近は追究していた。やはり楽に生きていければいいな、と思うし。

そんな試行錯誤を繰り返しているうちにたどりついたのが「潜在意識」。ここをなんとかすれば良さそうというのはわかったけれど、どうすればいいのかというのは不明だった。上で掲げたヘミシンクなどもその方法のひとつとしてあるのだけど、いまいち僕の中では決定打に欠けるような気がして。ヘミシンクのCD聞いているとまず間違いなく眠りに落ちてしまうし。

その他にもサブリミナル系のCDとか潜在意識にアプローチできそうなものはいろいろチャレンジしたけれど、自分のやりたいようにする、という点においていまいちのような気がした。実際効果があがっているのかもよくわからなかったし。

その中でこの「シータヒーリング」は1つの可能性として注目していいような気がした。上の本はかなり難解で読んでいるうちにそのまま眠りに落ちてしまうこともよくあり、独学でマスターするのはすごく大変なような気がした。そこで実際にセミナーを受けてみようと思い、基礎講座に足を運んだのが今から約1ヶ月前。

3日間のセミナーで果たして自分が基礎をマスターできたのかは正直疑問だったけれど、講座の中の実習でいくつかやったヒーリングのおかげで、その後の仕事上のストレスが少し減っているような気がした。しかしながら自分一人でできているのかは自信がなかった。なので1ヶ月後となった今週のお盆期間に応用セミナーを受講することにしたのだ。

応用講座は新たなことを学ぶというより(当然学ぶ事もあるのだが)、自分の中をクリアにしていくということに特化していく時間のような気がした。数々の「ダウンロード」とかブロックの解放という一連のワークが3日間のなかで幾度となく繰り返された。そのおかげでまたちょっと自分の力が抜けていったような。そして少しは自分でもできそうだ、という自信を持てたかもしれない。

いろんなもので硬直した自分を少しずつ緩めていく、そんな感じがするのがシータヒーリング。