なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

日曜プログラマへの道

40の手習い、じゃないけど最近、captureAndroid用のプログラムを書き始めた。仕事でもプログラムを書いているが、EXCELのマクロだし、仕事のプログラムは書いていて最近楽しくない。どう楽しくないかというと、充実感がない、というか。以前はプログラムを1本作ると、皆、ありがとー的なフィードバックがあって、それがやりがいにも通じていたんだけど、今では作って当然、バグなく私たちの言ったとおりに動くのが当然、みたいな感じがあって、作業自体がすごく苦痛だったりするのだ。

今の会社では社内SEもどきのことをやらされてたりしたけど、SEとしての修行を積んだわけでもない。でも社会人になってから、コンピュータしか触ってこなかったから、いまさらほかの仕事ができるわけでもない。このご時世でいろんなことをやらされるようになって、ストレス過剰になり体を壊した。心療内科で薬を処方してもらったりもした。

もともとプログラマではないので、プログラミングスキルなんてほとんどないに等しいんだけど、昨今のスマートフォンブームのなかで

自分のアプリを作れたらいいな

という淡い夢のなかでいろいろ本を買い込んで、Androidのプログラミングの勉強を始めた。別にiPhoneやiPadでもよかったんだけど、夢をかなえるためのハードルが結構高かったので(自分の能力の問題とか、経済的な問題とか)こっちになりました。

で、最初にやっと作ったのが上の画像のアプリ?です。単純に地元私鉄の時刻表を表示するアプリ。時刻表アプリはメーカーが作った高品質のものがいくらでも巷にあふれているけど、震災の影響で現在、路線は特別ダイヤが組まれていて、自分で使うのにあれば便利かなという理由でこういうのを作ってみた。なのでこれは今のところ個人使用のみで、公開する予定はなし。(笑)地元私鉄さんが提供されたデータをほとんどそのまま使っているだけだし。

ともあれ、これが第一歩。次に続いていけるかどうか。