なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

いろいろあって迎えた春

“誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則” (ジム・ドノヴァン)

だいぶブログの更新もご無沙汰してしまいました。

前回は年末でしたが、2011年になってから周囲があまりにもめまぐるしく...

3月にはいわずもがなの地震があって、なにかそのうち「地震前」と「地震後」が語られるときが来る。そんな気さえする今日このごろです。

もちろんまだ現在進行形であるわけですけれども。

そんな中、今日の会社からの帰り道に何気に買い求めたのが上記の本です。地震起きて思ったのは、やりたいことやっておかないと何かあったときにきっと後悔するよなー、という思い。

でもいろんな思い込みやらしがらみやら、習慣やらでがんじがらめになってて、なかなか次のステージにいけないのだよなぁ。それが時として人間の弱さであり、時にはそれが幸いしたりすることもある。

この本はそこから1歩抜け出すためのガイドブックのような内容。

当たり前のことしか書いていない、といえばそれまでだけど、それをどう実践に結びつけるかなんだよなぁ。