なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

電子書籍革命の真実

電子書籍革命の真実

以前に電子書籍について書いたのは春のことだったが、ここにきて漸く国内でも動きが出てきたようだ。SONY Readerが国内発売になったし、シャープもメディアタブレット「ガラパゴス」の発売を開始した。

去年の今頃に話題になっていたのは、アマゾンのKindleであり、近々発表が噂されていたAppleのiPadだったけど、こう見ると時間が経つのって早い。でも、国内をみればまだここなの、という感じがしないでもない。この情報化社会にあって、電子書籍を巡る国内の動きは緩慢と感じる人は少なくないだろう。僕のように心待ちにしている人間にとってはなおさらだ。

そのスピードの理由がこの本を読むとわかる。要約すれば、日本では1冊の本を作るのによほど手間がかかっているのだ、善悪は別にして。で、そこから新たなステージに上がるために表現は悪いかもしれないが、ノアの箱舟を作っていたんだなこの1年、というのが僕の感想。

この本に関していえば、紙の本だけど、PDFでも読めるように本の中にダウンロードコードが同梱されている。こういう形でもいいから、少しでも一般の人に電子書籍の世界を認知させないとなかなか進んでいかないだろう。僕は心待ちにしているのだけど、インフラが整備されていけば、形にはこだわらない、個人的には。

もっと新興勢力が出てきてもいいんじゃないかな、既成概念に囚われない形の。ただ社会状況がなかなかそういうものを生み出せないでいる、というのはあるかもしれないけど。

うう、堅い話になっちゃった。

ちなみにSony Reader買って、ちょっとずつ本を買って読んでます。やっぱもっと種類増えないかな〜。