なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

Kindle2で日本語文書を読む – PDFとかいろいろ –

先日の記事にも書いたように、Kindle2のファームウェアがバージョンアップしたことで、PDF文書を直接閲覧できるようになりました。

しかし実際にPDFをKindle2で表示させてみると、思いのほか文字が小さい。こんな具合に。(画像はKindle2のスクリーンショットです)

screen_shot-19343.gif

読めないこともないですが、僕のようなおじさんにはまず無理です。少なくてもこの大きさで短い文書ならともかく、大量ページの文書を読もうとする人は早々いないと思います。

ですが、これもまた新ファームウェアの機能である画面の回転(ローテーション)機能を使うと多少この問題が改善されます。こんな具合です。

screen_shot-19344.gif

同じ文書を横向きにして表示させたスクリーンショットです。だいぶ見やすくなったのではないでしょうか。実際、このくらいの大きさだと読むにもまあいけるかな、という感じです。しかしながら、横向きなのでボタンは押しにくいし、ページの区切りもいまいちなので使い勝手はあまりよくありません。PDF文書は今のところ文字の拡大、縮小に対応していないので仕方ありません、現段階ではPDF文書の閲覧に関しては、大画面のDXが勝ると考えていいのではないでしょうか。

しかしながら、これがKindle標準のazw形式やprc形式のデータになれば、文字の拡大縮小が可能になるのでだいぶ使い勝手があがります。ただしフォント埋め込みはされないので、日本語文書を読む際には日本語化が必須になると思いますが。

このprc形式の文書を作成するのに「Mobipocket Creater」というソフトがあります。Mac用がないのが残念ですが、現時点ではおそらく最強のソフトだと(勝手に)思っています。What I wannna talk ABOUT というサイトに「kindleのためのMobipocket Creator 」という記事がありますが、ここに書かれているようにHTML形式のファイルであればかなりきれいに変換してくれます。また、PDF文書からprc形式への変換もサポートしていて、比較的きれいに変換されるのですが、そこは外国製ソフトなので日本語処理は万全ではなく若干のレイアウトの崩れがあったりはします。

それでいてなぜ「最強」なのかというと、このソフトでPDF文書を取り込んだ時に吐き出す中間ファイルが画像データ+XMLファイルである、という点です。XMLファイルであるということは、ちゃんとしたXSLT変換さえすれば日本語文書用のきれいなprcファイルも作れるだろうということが予想されるからです。現にこのXMLファイルの中をみてみると、文書の内容と一緒にレイアウトの情報をタグの属性として持っているので、そこをうまく調整すれば綺麗なレイアウトに変換できそうです。

また、これはXHTMLファイルでもファイルを提供している「青空文庫」にも云えることで、変換処理次第でKindle用の文書ファイルを作ることは十分可能だと思います。世のいわゆる「青空文庫」リーダーは多分そういうこともしているんでしょうけど。

時間があればやってみたいけど、たぶん仕事の速いこびとさんたちがぱぱっとやってくれるような気はします(笑)早く環境が整えば、それだけKindleの日本語版が出てくるのも早くなるのかなあ、なんて思ったり。