なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

日本で一番わかりやすい四柱推命の本

“日本で一番わかりやすい四柱推命の本 (PHPビジュアル実用BOOKS)” (林 秀靜)

かどうかはわからないけど、今まで読んだ市販本の中ではよくまとまっている1冊だと思う。

命式の作り方から身旺、身弱の出し方、格局、大運、相性ととりあえず四柱推命をやり始めたら知りたいな、と思うようなことは一通り網羅されている。ちゃんと書いてあることが理解できれば、この本に書いてあるレベルのことで満足する人も少なくないのではないか。

簡単に開運法にも触れているし、運が悪いにしろそれに落ち込まなくても済みそうな感じで、わりとオススメな本である。既にある程度四柱推命を勉強した人でも、自分の理解度を測るにはいいんではないかと思う。