なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

心が楽になる「ホ・オポノポノ」の教え

“たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え” (イハレアカラ・ヒューレン, 丸山あかね)

会社の近くにあるオフィス街の書店の一画で、この本の山だけが異様に低くなっていた。

たった4つの言葉で幸せになれる!

とか、「心が楽になる」

という言葉に惹かれるのだろうか。





今まで「ホ・オポノポノ」の本を読んだことのある人にはあまり目新しさのない内容ではあるけれど、

また違った人から話しかけられているような気がして、僕は比較的素直に読めた。

僕もまた心が楽になりたい、と思っているひとりなのかもしれない。