なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

運を良くする


“運を良くする” (山川健一, 森田健, 王虎応)

昨日開運について書いていたら、ブログの横のアマゾンの売り上げランキングにこんな本があるのをみつけた。

内容は知る人ぞ知る「六爻占術」を含んだ、運命に関するもの。

興味を引いたのは占機のとらえ方に関する内容(本書の中では「場をとる」という表現をしている)と、運気改造の手法に書いてある部分。

あとは易を知っている人なら目を剥いてしまうような(蛇足ながら六爻占術は易占の1種である)、1卦多占をやってしまったりもしている。

従来を「古典」といってしまえば(本書の中ではそういう感じの説明をしている)あるいはこういうのもあり、か。

詳細はあまり書かれていないけど、それでも開運できるのはいいなぁ。