なんのために人は生きているのだろう。何が僕は得意なのだろう。

筆入れのありか

昨年末から今年最初にかけて行われた明澄透派の占術講座でご一緒させてもらったEdwardさんのブログで筆入れを失くされたという記事を読んで、おせっかいながら六壬神課という占いでみつかるかを占ってみた。占時は記事の書かれた時間とした。本当は占おうと思った瞬間の時間にするのが本道だと思うけども、過去の経験から書き込み時間って案外あてになったりする。

占時 2009年2月26日10時25分

4課 3課 2課 1課

寅  申  亥  巳

申  寅  巳  壬(亥)

初伝 寅

中伝 申

末伝 亥

いくつか見方はあるようですが、1課と3課は刑、1課と末伝は冲、3課と末伝は

生の関係で吉となります。

3課の申には六合と父母が付いているので、愛用した筆入れという象意を表していそうです。1課と3課は刑ですので、なんかそのときに限ってぱーっと軽く扱っちゃったんでしょうね・・・。

1吉2凶なので心して探さないと見つからないかもですが、末伝亥の地盤の方位、

巳の方角などを探してみるといいかもです。

当たっているかはわからないですが、みつかるといいですね。

(って読んでるかわからないけど・汗)

#読みが間違ってたら元も子もないわけですけど^^;;;